ネタ
おやつで健康にキレイをめざす!おすすめ間食アイテム

おやつで健康にキレイをめざす!おすすめ間食アイテム

「おやつに何か食べたい!」と思った時にどんなものを選びますか?
私はジャンクフードが大好きなのでポテトチップスやクッキー、チョコレート菓子などを
ソファで抱え込んで食べてしまっているのです。当然肌の調子もイマイチだし食事の量を減らしても肥満傾向、きっと検査したら血液もドロドロだと思います。
しかし、「食べているものがその人を作る」という言葉を読んだとき、3度の食事には栄養バランスに気をつかっても、こんなにジャンクなお菓子ばかり食べていたら体が悲鳴をあげるのではないかと思い、「健康と美容を支えるおやつ」について調べました。
ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントとして、名だたる美女の食事指導をしているエリカ・アンギャルさんの美の極意や、アメリカの栄養士、日本の医学教授の書いたおすすめの間食についての記事を読みました。まずは美と健康のプロ全員がおすすめなのが、「ナッツ」。エリカさんが「ナッツは天然のサプリメント」と言うくらい、健康と美容に最適なのですが、日本人のナッツの摂取量はとても低いのです。栄養価が高く、満腹感が得られる点でとても優秀なおやつになりますね。ミス・ユニバースもこの方法で頑張っているのだと思えばモチベーションも上がります。

nuts
「でもおやつは甘いものじゃないとストレスがたまる!」というタイプ(私は完全にこのタイプです)、良質な甘みをとれるものを選ぶようにすれば良いそうです。例えばドライフルーツやダークチョコレート。たくさん食べなければ糖分も控えられ、ミネラルや食物繊維、抗酸化成分もばっちり摂れて最高のおやつになりそうです。ナッツ入りのダークチョコレートなどはポリフェノール、ビタミン、ミネラルなどがすべて摂取できるので理想的ではないでしょうか。
日本的なおやつでいえば、枝豆、干し芋、甘栗、海藻類などがカロリーや繊維、栄養面などでとても良いでしょう。そして、私自身が最近試しているのが高タンパク質で低カロリーな豆腐に黒蜜をかけて「プリン風」にして食べることです。栄養もあり、かなりの満腹感と黒蜜の甘みでの癒しと満足感がとてもマッチしてひそかなマイブームになっています。

Share this Story

Related Posts

Comments are closed.

このエントリーをはてなブックマークに追加

Categories