ニュース
もう間近か?アダルト動画に出演するAV女優たちのオッパイが世界を動かす日

もう間近か?アダルト動画に出演するAV女優たちのオッパイが世界を動かす日

2003年から続くこのちょっとミョーな「STOP AIDS!チャリティー」のイベント、なんと今年2014年夏は来場者が5845人と過去最高を記録したそうです。

このイベント当日はAV女優のおっぱいを揉むのに数時間待ちや警察も出動するなど、チャリティー会場周辺は大騒ぎだったようで、意外と世間に認知されているなぁとびっくりしました。海外メディアからも注目されるようになり、この「おっぱい募金」への認知度は毎回上がり続けているようです。このチャリティーイベントの主旨はいざ知らず、きっとこの日を鼻息荒く待ちわびていた男性もたくさんいたのでしょうね。

当日ご参加のAV女優さん

1000円以上募金するとエロ・セクシー女性タレントのおっぱいを揉むことができるという募金の手段については賛否両論分かれるところです。「男性の本能に訴えかけるもっともわかりやすい募金活動」や、「女性連れで来場する男性もいて、きちんとチャリティーとして認識されている」などという好意的な意見もある反面、嫌悪感を示す人たちも多いようです。とくに海外メディアからは不快感を表す声も上がったり、「日本人は性的なことについてはどこよりも先進国」などと揶揄されたりと、はやはり正直に言って恥ずかしく、目的のための手段を取り違えてるかなという感も否めません。

ですが、その一方でどんな方法で募金を集めたにせよ「エイズの蔓延防止、エイズ撲滅」という名目で少なくとも5845人×1000円(最低募金額)の584万円以上を全額公益財団法人エイズ予防財団のストップエイズ啓蒙活動に寄付しているという貢献度は評価されるべきでしょう。アイスバケツチャレンジ(氷水をかぶるまたは寄付をすることで難病のALS、その患者と患者の支援団体に関する世間への啓蒙活動をする)もいろいろな賛否の意見がありますが、患者さんや支援団体にすればまず必要なのはこれらの病気に対する世間の理解と活動資金となるお金だと思います。

おっぱいを揉むお客さん

その必要なものをきちんと世間から得て寄付できているのだから、「おっぱい募金」も活動の成果はあったことをまず認めたいと思います。
「普段アダルト動画サイトでしか見ない、若くて可愛いAV女優のおっぱいが揉めてラッキー!」と募金した男性も多いでしょう。
でもそんな動機でも誰かが喜ぶ、誰かの役に立つお金を寄付できているのです。

募金やチャリティーを神聖化して人々の足が遠のくより、ひょっとしてもっと気軽に楽しく世間に訴えて募金活動をしていくというのもこれからのチャリティーの方法として「あり」かもしれません。

当イベントの関連動画は以下です:

当日揉まれていた女優さん:
芹野莉奈(せりのりな)
桜木郁(さくらぎいく)
西田琴音(にしだことね)
大塚のどか(大塚のどか)
武藤夢奈(むとうゆめな)
夏海花凛(なつみかりん)
春日野結衣(かすがのゆい)
猫田りく(ねこたりく)
北原ゆりあ(きたはらゆりあ)

以下は、2013年の胃炎と動画です。

Share this Story

Related Posts

Comments are closed.

このエントリーをはてなブックマークに追加

Categories