ネタ
現代のポップで異彩を放つなアーティスト2人がコラボ

現代のポップで異彩を放つなアーティスト2人がコラボ

過激な発信力や奇行ともとられる言動、そして最近では妻のキム・カーダシアンが、アメリカで不名誉ながら「もっとも嫌いなセレブ人」に選ばれたり、何かと話題のアフリカ系アメリカ人である天才ヒップホッパーであり名MC、そしてプロデューサー業も手掛けるカニエ・ウエスト
カニエがその才能と個性を愛してやまない芸術家が日本の村上隆氏です。

カニエ・ウエスト2
村上氏は2008年にアメリカのTIME誌で「世界で最も影響力のある100人」に選出されています。
日本のオタク文化を秀逸なポップさを用いて表現し、フランスのベルサイユ宮殿を自作のポップな世界の作品で覆ったりするなどで一般にも広く名が知られるようになりました。
村上隆氏はルイ・ヴィトンとのコラボレーションでは伝統的なLVのモノグラム柄を村上色にカラフルにデザインしてさらに有名になり、このLVコラボ作品で彼のご存知の方も多いでしょう。
村上氏はオタク世代のサブカルチャーを独特に表現できる目が離せない新しいタイプの天才芸術家と言われています。
世界に日本の現代芸術を発信し続ける村上氏の才能を尊敬するカニエは自身のアルバムのジャケットに使用し、アートは村上氏がすべて担当するなど、カニエの村上作品への愛情は並ではありません。
もともとこの2人の個性が突出した現代の天才アーティストたちの交流は、カニエが村上氏の巨乳美少女をかたどった彫刻(フィギュア)に強い興味を示し、実物を見たいと村上氏を訪ねたことから始まりました。
そのフィギュアのあまりの魅力にカニエは息をのんで何百枚と写真を撮るほどだったという出会いからコラボがスタートし、奇才同士の織り成す化学反応が世界のオーディエンスを魅了してやまないのです。ポップな西洋アート文化と日本に息づく独自の美の世界を垣根なく融合して表現する村上氏。
奇才につきものの賛否両論の作品を生み出す現代芸術家のこれからの変化にとんだ活躍が期待されます。また東日本大震災後の村上氏の作品にはすこしポップやオタクという彼のオリジナリティな作風にトッピングされたペーソスが感じられることを付け加えておきます。

カニエ・ウエスト3
画像ソース:complex.com

Share this Story

Related Posts

Comments are closed.

このエントリーをはてなブックマークに追加

Categories